リフォーム前には床をチェック

床リフォームをする際の注意点

>

フローリング以外の床材

クッションフロア

クッションフロアとは、シート状の床材で、洗面所やトイレ、キッチンなどに使われているものです。
クッションフロアの厚さは1.8ミリメートルから3.5ミリメートルくらいが標準的だそうで、水に強く、表面がビニール上なので、拭き掃除などをしてみても汚れが落としやすく、お手入れが非常に簡単だそうです。
クッションフロアの単価もフローリングに比べて安いようです。

以前は洗面所やトイレ、キッチンなど、水回りにしか使用することはあまりありませんでしたが、現在はいろいろな柄が出てきて、おしゃれな住空間を作るのにもぴったりなクッションフロアが多数出てきています。

ちなみに筆者の部屋のリビングもフローリング柄のクッションフロアなのですが、拭き掃除がものすごく楽で、お手入れがしやすいと思います。

クッションフロア店舗用、フロアタイル

クッションフロアは耐久性がちょっと弱いと言われていますが、店舗用のクッションフロアですと、多少値段は高くなる傾向にあるようですが、厚みもあって耐久性もあり、なにしろデザインが豊富でかっこいいようです。

お家の中にカフェのようなモダンな空間を創りたいと思われる方は、一度クッションフロアの品ぞろえを見ていただけたらと思います。

次にフロアタイルですが、こちらは、耐久性が非常に高く、丈夫です。
フローリングの代わりになるような木目模様のものも多くあり、既存の床の上に重ね張りをして、フロアタイルを敷くということが出来るので、工事工程を減らすことが出来るようです。

ただ、これは前述しましたように、床下がまだしっかりしていて、腐食したりしておらず、床下の工事が不要な場合ですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る