リフォーム前には床をチェック

床リフォームをする際の注意点

>

床をリフォームする際の注意点

人気上昇中、無垢フローリング

フローリングにはおおよそ二つの種類があり、一つを無垢フローリング、二つ目を合板フローリングといいます。
一つ目の「無垢フローリング」は風合いに魅力があります。冬は暖かく、夏はサラッと気持ちの良い触り心地がします。

また合板ではなく、一枚の板であるので、表面が傷むと削りなおしてその部分を綺麗にすることができます。ただ、「無垢」という言葉にも表れているように、繊細なお手入れが必要で、美しさを保つには合板フローリングよりも丁寧なお手入れが必要となってきます。
素材の品質が重要で、乾燥が行き届いていないと、反りや狂いが起きやすいものでもあります。

しかし、無垢フローリングでしか味わうことのできない温かみや素朴さを好む方が多く、人気が高まっています。

合板フローリング

合板フローリングは、ボードの上に薄い仕上げ材を張ったものです。
長所は、表面加工が施されているため、耐摩耗性などの機能を持つものが多いということです。
色々なタイプが出回っていて、ペットを飼っている方にはアンモニアに強いタイプや、車椅子の方がいらっしゃるご家庭には凹みに強いタイプなど、色々な種類があります。

また、色も何色かから選ぶことが出来、ダーク系、ナチュラル系、ライト系と色々種類があるようです。落ち着いた大人の雰囲気にはダーク系、若々しくて明るい雰囲気にはライト系、どんな雰囲気の部屋にも合わせられる床を選びたい方には、ナチュラル系がお勧めだそうです。

私の知っている方のお家は床も壁もドアもホワイトを基調にしておられましたが、とても清潔感があり、モダンでスタイリッシュなイメージがありました。


この記事をシェアする
TOPへ戻る