リフォーム前には床をチェック

床リフォームをする際の注意点

フローリング

床は、毎日使われるうえ、日差しなどの日焼けや、水をこぼしたりした際に腐食しやすくなったりと、15年から20年くらいの周期で張り替えたほうがベストだそうです。

歩いた時に床がきしきしと音を立てたり、床がぺこぺこ沈むように感じるときには、かなり傷んでいる状態だということですので、張り替えを考えられても良いかもしれません。

床リフォームはお家の状態によってさまざまな方法が考えられます。

床の下の部分が湿気で傷んでいるような場合には、畳をフローリングにすると良いようです。

また畳やカーペットの部屋をすべてフローリングにすると、見た目に統一感がでて、見た目が良くなるようです。

フローリングをまたフローリングにする場合には、一度元のフローリングを剥がしてまた新しくフローリングを張る場合と、既存のフローリングの上から新しいフローリングを重ねる方法があるようです。
どちらもメリット、デメリットがあり、フローリングを一度はがして、もう一度張る場合のメリットとしては「リフォーム後も床の高さが変わらないこと」「床がきしきし鳴っている場合などは、下地が傷んでいる可能性があるので、それを目で確認して直すことができること」が挙げられます。
反対にデメリットは「工事が大規模になるので、費用が高くなる傾向があること」「元々使用していたフローリングは廃材になるので、その処分費用がかかること」があります。

重ね張りしてフローリングを新しくする場合には、「フローリングが二重になるので、頑丈になり、また冬場は部屋が暖かくなる」「工事は小規模で済むので費用を抑えられる」「廃材もでないので、処分費用も少ない」というメリットと、
「床下が腐食していても目視で確認できないので見落とすことがある」「リフォームをした後は、床の高さがフローリングの分だけ高くなる」というデメリットがあります。

TOPへ戻る